インド人と国際結婚。

ナマステ! インド人と国際結婚をして6年目、主にインドのことを綴っています。 インド背景で物作りをするデザイナーです。 Instagram@yuuki_overseas

トロント・ワーホリ生活【ニューヨークへの行き方編】

ナマステ!

 

日中は10℃台でも日が落ちると一気に極寒のトロント。

薄着して出かけると、帰宅時に後悔するのでご注意!😅

本当に寒さの質が違うなと改めて実感中w

 

さて今回はトロントからニューヨークへ行った時の話。

 

f:id:yuuki_overseas:20191105035439j:image

 

ワーホリや留学でトロントを選ぶ人の中には、

「ニューヨークが近いから」という理由の人も多いのでは…?

(私も最初はそうだった)

 

でもこれ、トロントの人に言うと怒るからあんまり言わないほうがbetter。

カナダ人は愛国心がとても強いので、

(文化はほとんど同じだけど) アメリカに敵対心持ってる人が多い印象。

 

さて、トロントからニューヨークに行くには

飛行機、バス、自家用車の選択肢があるけど

 

私の場合、自家用車は持って無いので不可能、

(家族と寄り道しながらゆっくり行くのもいいな〜)

バスは安いけど($1バスもある)8時間以上もかかる…

いくら安くても…この歳で長距離バスは…無理…あと1ヶ月で30歳よ…

 

距離と利便性はお金で買いましょう、ということで私は飛行機一択。

PORTERという、お洒落格安飛行機のチケットをオンラインで購入。

 

https://www.flyporter.com/en-ca/

(アライグマのキャラクターもかわいい!)

 

このエアラインは Billy Bishop Toronto City Airportという、

島空港から1日に何本も発着している。

 

島空港、珍しいよね〜!ワクワク!

 

カナダorアメリカのパスポート所持者はオンラインチェックインが可能だけど、

それ以外の人は当日カウンターでチェックインする必要あり

 

f:id:yuuki_overseas:20191105035414j:image

船に乗って空港に行くのかと思いきや… 

 

f:id:yuuki_overseas:20191105035841j:image

長ーい地下道を歩くシステム。

しかもこの時オートウォークが工事中で、結構な距離を歩いた…

 

トロント⇔ニューヨークとはいえ

一応国際線だから3時間前に空港に到着したのだけど、

 

これは大きな間違いだった。

 

特に難しいセキュリティチェックも無ければ出国手続きもない。

そして空港がかなり小さくてやることがない。

免税店は日本のコンビニよりも小さいのがひとつのみ。

 

暇w

 

でも待合スペース空間はお洒落で、カフェやソファ、充電スペースもたくさんあった。

現地の人を見ていると大多数が1時間前に着いてる様子。

20分前に駆け込んでくる人もいた。

(実際には駆け込むというよりはゆっくり歩いて。基本的に急いでいる人は少ない。

東京都民がいつも時間に追われているのは何故だろう…秒刻みの地下鉄のせい…?)

 

やることがないので、ずーっと座ってマリオカートしていた私。

 

途中でお掃除係の中国人女性に

「フライト何時なの?」と聞かれ

「あと2時間以上もある」と答えたら

 

は? 何でそんな早くきたの?」

とかなり大袈裟に驚かれたほどなので、

1時間前到着で充分のようだ…

 

f:id:yuuki_overseas:20191105040540j:image

カフェではKUSMI TEAが売ってたよ〜おしゃれ! 

 

小さなプロペラ機に乗り込み、1.5時間の短距離フライト。

プロペラ機なので飛行機の揺れが苦手な人は大変かも…

私はどんな飛行機でも離陸と同時に寝ちゃうタイプの人間なので

何も感じなかったけどw (機内の気圧が変わると同時にすごく眠くなる)

 

PORTER社はとにかくとってもお洒落だった!

機内誌やCAさんのユニフォームなど、センス良い。

無料のドリンクもガラスのコップに入れてくれる。アルコールもあったよ。

 

f:id:yuuki_overseas:20191105041636j:image

 

f:id:yuuki_overseas:20191105042027j:image


f:id:yuuki_overseas:20191105042024j:image

まるでファッション誌のよう。挿絵や写真が素敵な機内誌。

 

1.5時間のフライトだから東京⇔大阪くらいの感覚かなあ?

島国では味わえない、大陸の魅力

近隣国が近い!

 

そんなこんなであっという間にNewark Liberty International Airportに到着。

Manhattanまで少し距離があるので、特急電車と地下鉄を使って移動。

 

ニューアーク空港はいくつかのターミナルに分かれているので、モノレールでまずはAirTrain Newarkに乗ってNewark Liberty International Airportという駅まで行く。

これがなかなか分かりづらかったが、大きな荷物を持った人がほとんどここで降りる。(途中の駐車場がある駅でも降りる人がいるので惑わされないように)

 

旅先では誰が現地人で誰が旅行者か見分けがつきにくいので、

なるべくユニフォームを着た案内係の人に声をかけるのが良い。

実際に私もNYC滞在中に数人に道や駅を聞かれたが(荷物ほとんど持ってないから現地人に見えたのかな)

詳しいわけじゃないから曖昧な返事しかできず。人は親切心から質問されるとNoとは言いずらいが、

内容によっては現地の人が言うことが正しいとは限らない。

 

モノレールから特急電車に乗り換える。

Pennsylvania Station行きの電車に乗れば間違いなし。

(多くの人がPennと呼ぶので分かりにくいが、PennsylvaniaもPennも同じ駅)

 

さらに私はBrooklynに宿をとっていたので、

ManhattanからBrooklynまで、また地下鉄を使用。

 

NYCの地下鉄は比較的分かりやすい。

東京のクレイジーな路線図表に慣れている人にとっては朝飯前ではないだろうか。

東京の地下鉄は世界でもトップクラスに入るほど複雑で利用者数も多い。

 

ちなみに海外での乗り換えはGoogle mapを使うのがオススメ。

1番早い乗り換えルートを教えてくれるし、

途中通過駅も表示できるので分かりやすくて便利。

自分の降りたい駅の2駅先からチェックしておけば、間違えることもない。

(海外の電車アナウンスはかなり適当だし聞き取りにくい+工事などで急遽行き先が変更になっていることも多々あるので注意)

 

日中の地下鉄はそこまで危険性は感じないが、

それでも周りには充分に気を払うほうが身のため。

地下鉄内で必要以上にスマホを操作したり、

カバンの中身が見えるような行動はなるべくしない方がbetter。

ポケットの中身にも注意。ボーっとしていると狙われる。

東京では良く見かける光景だが、

車内で口を開けてぐっすり居眠りするなんてもってのほか。

 

深夜の地下鉄は慣れてない人や女性だけの場合は避けた方が良さそう。

比較的治安の良いトロントではほとんど感じないけど、

ニューヨークは日が落ちると少し怖い、独特の雰囲気がある。

一本違う路地に入るだけで空気感がガラリと変わる。

 

ニューアークからマンハッタンを通り過ぎてブルックリンまで、こんなに移動。迷わず行って1.5時間くらい。

f:id:yuuki_overseas:20191105045834j:image

 

NYC旅行記はまた別の記事にするとして、

帰りのフライトについてもメモしておこう。

 

帰りもPORTERを利用するためにニューアーク空港へ。

例によってまた国際線だから3時間前に到着するように宿を出た。

 

これは大正解だった。

 

なぜなら乗り換えのPenn駅が大混雑していた!

どうしちゃったのかと思うくらいの寿司詰め状態。

 

しかもどのホームに電車が到着するか未定で、

アナウンスや電光掲示板から目が離せない。

 

この時、軽くインドがフラッシュバックした。

インドでも実際に1番線に到着予定だった電車が3番線に急遽変更になり、

なんと線路を横断してホームを移動した経験がある。。。

 

急遽変更するシステム本当に辞めてw

 

でも今回はなんとなく7番改札の近くで待っていた私は大正解!

 7番に電車が到着するアナウンスが流れると、人が一気に動き出した!

 

台風時の東京の地下鉄をイメージしていただければ分かりやすいんだけど、

とにかく人の密着度が半端なくて、しかも外国人は背が高いので

ほとんど前が見えない!人雪崩が起きてもおかしくない状況。

みんな列になって並ぶと言うことを知らないようだ。。。

押されるがままホームに到着して空いてる椅子に座り込む。

 遅れて乗ってきた人は当然シートが無くて通路に立ちっぱなし。

 

一連の流れがカオスすぎて、みんな大笑いw

 

こんな時、怒るでも怒鳴るでも無く、

ワハハハハークレイジーだねー!

と笑い合うのがいかにも北米の人々らしくて、明るくていいなーと思った。

 

f:id:yuuki_overseas:20191105051820j:image

 

途中停車の駅で半分くらいの人が下車。

どうやらラグビーかアメフトの試合があった様子。

 

空港までは来た道を逆に辿ればいいだけなので簡単。

 

でも空港内は時間を潰せる店や物がほとんど無かった…

空港内でいろんな食事を楽しめる成田空港が恋しい…!

 

荷物検査が多少混んでいたくらいで、スムーズに通過。

 

荷物検査のエリアからやたらインド人が多くて、

なんなんだ?と思っていたら、

PORTERとAir Indiaのターミナルが同じだった。

個人的には嬉しい出来事。やはり私はインドに運命的なものを感じる。。。

聞き慣れたヒンディー語やヒングリッシュが飛び交う待合エリア。

 

エアインディア発見!

f:id:yuuki_overseas:20191105050920j:image

 

無事にフライトを終えてトロントに到着すると、

機械で入国手続きをしなければいけなかった。

いろいろ小難しい質問事項に回答しなければいけなくて、

出国は簡単だったけど入国はまあまあ大変だった。

 

ワーホリ生や留学生はカナダのビザを忘れると大変なことになるので、

旅行の際は滞在国のビザをお忘れなく!

 

こんなに気軽にニューヨークに行けるなんて、なんて贅沢なんだ。

来年もPORTERを使ってNYCに行くぞ〜!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村