インド人と国際結婚。

印日国際結婚6年目。主にインドのことを気ままに綴っています。

トロント・ワーホリ生活【ハロウィン編】

ナマステ!

  

今日から気温がついに一桁台へ突入したトロント。

さむい…!

木曜日は気温がマイナスに、そして雪予報

 

ハロウィンも終わって、街中が一気にクリスマスモード。

今回はワーホリ・トロント生活記、ハロウィンの様子をお届け^^

 

f:id:yuuki_overseas:20191103105106j:image

 

9月ごろからスーパーに大量のパンプキンが売り出される光景は本場ならでは。

日本ではあまり見かけないような種類もたくさん!

 

玄関先にドンっとパンプキンを置いている家庭がほんとにたくさんあった。

 

こちらの家の造りは基本的に玄関先に芝が引いてあって広いので、

ハロウィンデコレーションが映える!

家庭によってコンセプトがあるらしく、歩いて眺めているだけでも面白い光景が。

 

飾り付けでその家の人の性格が読み取れそう。

細部にこだわってる人や、とにかくダイナミックな人、

遊び心に飛んだ人などなど。。。

 

エアーで膨らむやつ、電気代かかるだろうな… 

f:id:yuuki_overseas:20191103111009j:image


f:id:yuuki_overseas:20191103111012j:image

f:id:yuuki_overseas:20191103111052j:image

 

トロントの100円ショップ的位置づけの『Dollarama』では、

ハロウィンのコスチュームがとっても安く手に入るので、

金欠のワーホリや留学生にはオススメかも。

(ハロウィンのためにお金たくさん使いたくないじゃん)

 

私も例によってパーティー用に

真っ青のウィッグや魔女の帽子、マントを購入!

トータル$10くらいで済んだ。

 

需要があるのかは不明だが、気持ち悪いネイルチップもたくさん発見。

ネイリストとしては見逃せない。。。

f:id:yuuki_overseas:20191103110232j:image

f:id:yuuki_overseas:20191103111239j:image

 

いよいよハロウィンウィークに差し掛かると、

大量にお菓子が入った箱を皆揃って購入する。

 

我が家のホストマザーは8箱も買ってきた。

(子供がいる家庭は必然的に多くなる)

 

中身はチョコレートだったりキャンディだったり、

よくわからない色味の何かだったり、様々。

 

お菓子好きの私は常備用に一箱購入w 

f:id:yuuki_overseas:20191103111416j:image

 

そしていよいよハロウィン当日、

子供たちはまず仮装して学校に行き(楽しくていいね!)、

夕方帰宅すると玄関先のパンプキン彫りが始まった。

 

なるほど、玄関先においてあったパンプキンは、

本当に手彫りしてジャックオーランタンにするためのものだった!

 

パンプキン彫り専用のノコギリを使うと、

硬い皮が…あら不思議、簡単に彫れる!

 

コンセプトは自由!ルールも特にない!

思うがままにオリジナルのジャックオーランタンを作っていく。

 

f:id:yuuki_overseas:20191103111732j:image


f:id:yuuki_overseas:20191103111727j:image


f:id:yuuki_overseas:20191103111722j:image

中に蝋燭を入れて外に飾ると想像以上に!すごくかわいい!

(LEDライトよりも蝋燭のほうが炎がユラユラ光って、よりハロウィンらしかった)

 

ホストママが

「最近は安全の為にとか言ってみんなLEDを使うんだけど、

 私は蝋燭の方が好きだわ!

 だいたいパンプキンが燃えたって野菜なんだから問題ないわよ、

 バカバカしい!」

と言ってる側で私のパンプキンの中が燃えてて慌てて消火www

 

このパンプキン彫りが意外と奥深くて、

創作好きの私は結構ハマってしまった。

 

人によっては彫った部分を耳にしたり、パンプキンの中の種を使ったり、

それぞれアイデアがあって、

誰かと一緒に作ると新たな発見があるのも醍醐味。


f:id:yuuki_overseas:20191103111736j:image

 

ホストマザー曰くこのジャックオーランタンは、

夜に子供たちが『trick or treat』しに来るときの目印で、

ジャックオーランタンに火が灯ってる家はwelcome

ジャックオーランタンを置いてない家や、

すでに火が消えている家はnot welcomeのサインらしい。

 

実際に我が家は20:00に火を落としたんだけど、

その後もティーンエイジャーらしき軍団が来た時にママは

「表のパンプキンが見えないのかしら?( ̄^ ̄)」と言っていたw

 

ただの飾りじゃなかったw

 

今年はあいにくの雨だったけど、

それでも実際にハロウィンの夜18:00くらいから家の前の通りがガヤガヤし始めて、

家で待っているとひっきりなしにドアベルが鳴った。

 

子供達や家族で仮装した人たちがどんどんやってくる。

 

大きな袋や枕カバーを持った子供が『trick or treat !!!』と叫んで、

大人達がその中にお菓子を入れてあげる。

 

f:id:yuuki_overseas:20191103112752j:image

 

家で待つ大人たちは息つく暇もない!

夕飯を作りながらドアベルがなったら玄関へ行き、

夕飯を食べながらドアベルがなったらまた玄関へ行き、

途中で子供たち用のお菓子をつまみ食いしたり、

とにかく家の中を何往復も!忙しい!

 

晴れていたら玄関先に座って道ゆく子供達を眺めるそう。

 

日本のハロウィンは、渋谷 某交差点での大騒動というイメージが定着してしまったが…

本場のハロウィンは子供達がメインの、とてもあたたかいものだった。

 

ご近所さん同士で地域の子供たちを見守っている感じが

とてもあたたかいな!と感じたよ。

 

あんなにたくさんあったお菓子の山が全部無くなって、

その代わりに外に出掛けた子供が袋いっぱいにお菓子を持ち帰って来たw

(単なるお菓子のトレード)

 

ちなみにハロウィンが終わると瞬時にクリスマスモード

ショッピングモールでは既にクリスマスツリーを見かけたw

切り替えが早すぎる!

 

そして先日まで売られていたハロウィングッズやお菓子の箱が

75%オフで売られている!11月1日が狙い目だね〜w

 

そんなこんなで

 

今年も残すところ2ヶ月。。。(まじ?)

私はトロントに来て4ヶ月が経とうとしている。

 

暖かいインドが恋しくもあるけれど、

トロントの寒さも楽しみに変えて。

残りわずかの2019年を楽しもう!

 

トロント生活記、まだまだ続きます^^

 

f:id:yuuki_overseas:20191103113113j:image

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村