インド人と国際結婚。

印日国際結婚6年目。主にインドのことを気ままに綴っています。

トロント・ワーホリ生活【モントリオール編】

ナマステ!

 

明日のトロントは雪予報😨❄️まだ11月始まったばかりなのにね。室内と室外の気温差がすごーいよ。とにかく、覚悟して明日を迎えます。

 

 

さて今回は『北米のパリとも呼ばれる「モントリオール」旅行記!

 

モントリオールは、カナダではトロントの次に大きな都市。住民の7割が第一言語をフランス語としていて、街並みもトロントとは全く違うヨーロッパ調!

 

私は実際にフランス・パリにも3度行ったことがあるけど、本当にパリっぽい街並みだな〜!と感じた。 石畳の通りや建物の造り、しかも皆フランス語で話してるとあって、同じカナダとは思えないくらい。

 

そういえばカナダで売られているのものほとんどが、英語とフランス語で商品名や取説などが書かれている。実際に私も今カナダの会社でデザインの仕事をしているけれど、商品の取説ラベルに英語とフランス語で表記しないといけないので、文字スペースを多く食ってちょっと大変。

 

日本で国語と英語を習うように、カナダでは英語とフランス語の両方を小学生から習う。それにプラス両親の出身国の母国語も話せるような、トリリンガルの人が多くいる。

 

人間スペック高すぎw

 

英語とフランス語がネイティブレベルで話せる人は、カナダ国内の就職活動でも有利。母国語が母国以外でも使用されてる言語の人たち、本当に羨ましい!日本語って日本でしか使えないんだもん。

 

そんな話はちょっと置いておいて。

 

トロントからモントリオールまでは「VIA rail」を使用したよ。新幹線に乗って約5時間。ちと遠い。Union駅から1日に数本運行していて、ネットでも駅の売り場でもチケットを買うことができる。

f:id:yuuki_overseas:20191107072119j:plain

チケットも英語/フランス語の表記。

 

モントリオールに着くと途端に景色が変わる。

 

まるでヨーロッパだ〜!

(実際に我ら夫婦はフランス、イタリア、スペイン、ドイツに行ったことがあるので、この感覚は間違いないはず)

f:id:yuuki_overseas:20191106121446j:plain

ここはカナダ???

 

早朝に出発して着いたのはお昼。お腹を満たすためにその辺のレストランへ。

スモークミート「パストラミ」が有名らしいので、旦那はサンドイッチをオーダー。(私は牛肉の味が前面に出ている食べ物が嫌いなので、ミートソースパスタw)

 

パストラミはLAでも有名なお店にいったけど、ユダヤ系移民が広めた食べ物じゃなかったっけ?モントリオールにもユダヤ移民が多かったのかな。

f:id:yuuki_overseas:20191106121441j:plain

パティオ(屋外の席)でいただきました。

f:id:yuuki_overseas:20191106121409j:plain

このエリアは観光客がたくさんいた。

 

街並みがヨーロッパ調なのでどこを撮っても絵になる。電車で少しいくだけでこんなにも雰囲気が変わるとは…本当に大陸の魅力。ましてや同じ国なのに、不思議〜。

 

私たちはモントリオールまでしか行かなかったけど、ケベック(世界遺産にも登録されている)はさらにヨーロッパ色が濃いみたいなので、ビザが切れる前に行ってみたいな🙂

f:id:yuuki_overseas:20191107073938j:plain

地図で確認。黄色ラインはVIA railが走ったルート。

モントリオールの個人的な印象は、街はお洒落で人は大人しい。

気さくで明るいトロントの感じとは違って、静かで他人とは一線置いている感じ。

そんなところがまさにパリっぽい。

f:id:yuuki_overseas:20191106121425j:plain

標識すらもなんだかお洒落。

f:id:yuuki_overseas:20191106121534j:plain

窓枠が素敵!

f:id:yuuki_overseas:20191106121526j:plain

教会の側で一休みする人もたくさんいた。

f:id:yuuki_overseas:20191106121501j:plain

Muralもたくさん見られた。

一頻り街並みを散策したらいつのまにか日が暮れていた。

私たちはなんとなく日本食が食べたかったので検索して良さげなところに行ってみた!

 

日本人シェフが作ってくれた料理だったので、ほんとに日本の味!海外で日本食屋に行くと"日本食っぽい日本食"なことが多いけど、ここは本当に美味しかったのでついつい食べすぎた。

 

モントリオールに旅行してまで日本食を探している人も少ないと思うけど…

(昨日の記事、ブルックリン旅行でインド料理屋を探している人も少ないと思う件同様)

ここ、おすすめです。

maps.google.com

 

f:id:yuuki_overseas:20191106121436j:plain

f:id:yuuki_overseas:20191106121504j:plain

f:id:yuuki_overseas:20191106121431j:plain

f:id:yuuki_overseas:20191106121539j:plain

店員さんは日本人なので日本語可!

翌日は朝から『ガレット』を求めて散策!

ガレットの本場はフランスだけど、フランス文化を色濃く継いでるモントリオールでもガレットが名物となっているみたい。そば粉のガレット美味しよね〜!

 

クレープ屋さんは町中にたくさんあったんだけど、なんとなく内装が小洒落た広めのお店に場所に入ってみる。平日の朝だったので店内も混雑していなくて快適!

f:id:yuuki_overseas:20191106121516j:plain

洒落すぎな!

f:id:yuuki_overseas:20191106121511j:plain

トッピングはカスタマイズ可能!

最高に美味しい!としか言いようがない。

とにかくモントリオールではガレット(かクレープ)がマスト!

 

あ、ベーグル食べ損ねちゃった〜。。。

 

なんだか総括してみるとモントリオール旅行はグルメ旅行のようだったな…

 

とにかくお洒落なヨーロッパ調の街並みと、トロントとは違った雰囲気を体感できるので、ワーホリ/留学生にはとってもおすすめ!

 

電車で往復10時間はまあまあ大変だけど。

(次回は飛行機だな…)

 

カナダは壮大な面積を誇るので、まだまだ他の州にも行ってみたいな〜

f:id:yuuki_overseas:20191106121413j:plain

Union駅

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村