インド人と国際結婚。

印日国際結婚6年目。主にインドのことを気ままに綴っています。

印日国際結婚【スッキリでのインド学校特集 編】

ナマステ!

 

先日スッキリで日本のインディアンインターナショナルスクールが特集されていた。

 

日本に在住しているインド人向けのインターナショナルスクールなのだが、いま自分の子供をここに入れたい日本人の親が増えているのだとか。

 

私も将来日本で子供を産んだらここに子供を通わせたいな〜と思っていたのだが(インド人の家族は優先的に入れると聞いた)、どうやら日本人夫婦も私と同じような理由でここに通わせたいらしい。

 

f:id:yuuki_overseas:20200204172718j:image

 

まず最大の魅力その1

 

価格が他のインターナショナルスクールよりも安い

インターナショナルスクールは公立校と比べるととても高い。金銭的余裕がないと通わせられる金額ではない。だがこのインド系学校は、インターナショナル学校にしてはリーズナブルなのだ。人気なわけだ。

 

jp.globalindianschool.org

 

魅力その2

 

日本では7歳から小学1年生になるのに対して、インドは1年早く学校に進む。

 

f:id:yuuki_overseas:20200204172654j:image

 

時間割も日本とは少し違っていて、1つの授業時間が短い。子供たちの集中力が欠けないうちに次の授業へと進む。

休憩時間が少ない割に10時間目まであるなんて信じられないけど、これで集中力が養われるんだそう。


f:id:yuuki_overseas:20200204172743j:image

f:id:yuuki_overseas:20200204172713j:image

 

これだけ見ていると、なんだか日本の教育法がゆとりに思えてきた。まあとにかく、効率的な学習方法は推せる。

 

魅力その3

 

学校内の公用語が英語であること。


f:id:yuuki_overseas:20200204172709j:image

 

日本の学校でもしっかりと英語の授業があるのに、多くの日本人が英語を話せないのは、ずばり「日常的に使う場所が無いから」だと思う。

 

インドでは主にヒンディー語やタミル語などが話されるが、一歩州を跨ぐと全く異なる言語なので(日本のように地域によって訛りがあるレベルではなく、全くの別言語が話されている)、インド人は基本的に地元の言葉と英語を小さい頃から並行して学ぶ。

 

新聞や本なども基本的に英語(もちろんそれぞれの言語のものもある)、ビジネスの際も英語を話すなど、日本よりも日頃から英語を使う環境が圧倒的に多いのだ。

 

インドに住んでいる私の甥っ子は幼稚園児にしてすでにヒンディー語と英語の教科書を並行して使用していた。中学生のお姉ちゃんはそれにプラス、フランス語の第三言語を学んでいる。日本人と比べると圧倒的な語学力だ。


f:id:yuuki_overseas:20200204172752j:image

 

英語が話せるだけで大学やその後の就職でどんなに有利なことか。まず国外にも選択肢が増える。

 

f:id:yuuki_overseas:20200204172735j:image

 

でも子供だけ語学力が上達して親がついていけないという現象も起きているようだ。。。学校や先生からの連絡は基本的に英語だし、インド人のママ友全員が日本語に堪能なわけでもないだろうから親はなかなか大変だ。

日本人の両親である場合、どちらかが英語を話せれば入学できると聞いたが今は違うのかな?


f:id:yuuki_overseas:20200204172700j:image


言語はやっぱり脳がフレッシュなうちに叩き込まないとね。。。

現代の子供たちは昔に比べると比較的海外や外国人と触れ合う機会が多いだろうから、羨ましい。(その分プレッシャーも多いだろうが)


f:id:yuuki_overseas:20200204172747j:image

 

魅力その4

 

異文化への理解が深まる。

 

これも多様化している現代社会ではとっても大切なことだ。


f:id:yuuki_overseas:20200204172704j:image
f:id:yuuki_overseas:20200204172722j:image

 

特に島国日本では、なかなか異文化に直に触れる機会は少ないものだ。

 

私がトロントに住んでいた時に思ったことは、世界には様々な宗教や文化の人がいるんだ、ということを幼い頃から肌で感じて育ってきた人間とそうでない人間では、価値観が大きく変わるんだろうな〜ということ。

 

トロントでは数えきれない人種が同じ街で暮らしている。

 

日本は「みんなと同じ」であることが良いとされる風潮が強いけれど、「みんな違って当たり前」という環境で育った子供はなんだかおおらかで余裕があるな〜と感じた。''人がそうしているから私もそうする''ではなく、自分の意思をしっかりと持っているから、考え方がとっても大人っぽいんだよね。


f:id:yuuki_overseas:20200204172726j:image

 

海外では比較的当たり前にいるベジタリアンやヴィーガンに対しても、日本ではまだまだ理解が乏しいのかな〜と感じる。どの宗教が牛肉NGで、豚肉OKとかも、知らない人が多いんじゃないかな。

 

でもそれも、日本のような環境だと知らなくて当たり前なんだよな。そういう人と触れ合う機会が圧倒的に少ないんだもん。

 

今後は外国人の就労者や学生がもっと日本国内に増えていくだろうから、そういう人たちへの理解が深まるといいな、日本も。

 

ベジタリアンや、宗教的に食べ物に制限がある人が日本に来て困るのは「食事」だから。。。

 

f:id:yuuki_overseas:20200204191005j:plain



 そんなこんなで日本人の親にも人気な「インド式教育法」まとめでした。 

 

インドの何かが注目されると、インド人旦那を持つ私としては少し嬉しい。インドの良い部分もたくさん見てきたし。

しかしながら日本の番組ではインド=奇想天外な国みたいに取り上げられることが多いから。。。

 

まあそれも否定はしないけどw 

 

ぶっ飛んだ部分ばかりではないのだよ、ということを知っていただければ幸いです。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村