インド人と国際結婚。

ナマステ! インド人と国際結婚をして6年目、主にインドのことを綴っています。 インド背景で物作りをするデザイナーです。 Instagram@yuuki_overseas

日印国際結婚【インドの手仕事、文字になる編】

ナマステ〜!

 

先日お仕事でインドのファブリック展示会へ行ってきた。(都内で)

トロントにしばらく住んでいたので仕事関係の人と会うのは久しぶり!

 

(私の仕事関係=ほぼ外国人しかいない上に、8割インド人)

 

久しぶりに大好きなインドの生地や刺繍、アクセサリーなどを手にして

やっぱりインドの手仕事って最高だな〜!と。

なんだか独特の味わいがあるんだよな〜。

 

この時期はインド製品って市場的に弱いんだけど、

(日本の冬場はどうしても中国製のフリースやボアが人気だし、そもそもインド製品はお国柄、夏向けの涼しい素材が多い。)

想像以上にバイヤーたちが買い付けに来ていたように見えた。

(今コロナのアレで中国生産大変だもんね)

 

会場にはオートリクシャが停められていて、

なんかインドでは当たり前すぎる光景なのに

日本で、しかも東京の道路に停まっている光景が違和感すぎた。。。w

 

会場を出る際にはいなくなっていたんだけど、まさかこれで都内を走ったの?w

道路交通法的にオートリクシャって問題ないのかしら?w

知らんけどw

f:id:yuuki_overseas:20200217110919j:plain

見よ、この違和感。

  

どのメーカーもチャイとカシューナッツを用意してくれて。

これぞインド式OMOTENASHI

 

メーカーの人がくれたインドのお菓子、カントリーマームっぽいやつ。

これがまた美味しいんだよな〜。

 

 

暑いインドで食べると中のチョコが溶けててそれが美味しさのポイントなんだけど、この日は寒かったこともあってちょっと味が違く感じたな。。

 

やはりインドのものはインドで食べるに限るね。

f:id:yuuki_overseas:20200217111436j:plain

インドならどこにでも売ってる。オススメ。

 

その後なんとなく銀座へ向かって、なんとなく無印良品へ行ったら

(黒豆茶を買いにw)

 

「インドの手仕事、文字になる展」

 

という私的に行くしかないやつが開催されていたので立ち寄り。

 

www.muji.com

 

昨年の12月から開催されていたようだけど、私はトロントにいたので知る由もなく。3月8日までなので、結構ギリギリだったな。

 

というか、無印の銀座店が移動してから初めて行った。日本にいない約半年間で結構いろんなものが変わっている。時の流れが早いわけだ。。。

 

6階の小さなスペースにひっそりと。

f:id:yuuki_overseas:20200217112847j:plain

シンプル〜

 

ブロックプリントや刺繍など、インド発祥の技法で織り成されたタイポグラフィー。

個人的にはとっても好み!

 

f:id:yuuki_overseas:20200217113026j:plain

ポスターも素敵

 

f:id:yuuki_overseas:20200217113235j:plain

手刺繍の素晴らしさ!

f:id:yuuki_overseas:20200217115726j:plain

木版は手彫り。

最近はなんでもデジタル化されちゃって、こういうのあるものが減ったな〜。

悲しい。

 

それから日本は品質基準がクレイジーなほど厳しいから、こういう手仕事系のものってすぐにほつれるとか色落ちするとか引っかかるとかお洗濯ができないとかで結構NGな部分も多い。。。

 

手刺繍なんだからデリケートに決まってるだろう!手染めなんだから色落ちもするだろう!ほつれたら直せばいいだろう!と思うのだけど、日本の消費者はシビアなんだよな。。。

 

今はダウンもスーツも洗える時代だもんな〜。。。

 

なんでも安くてそこそこの品質で手に入れられるし、変えも効くから、本物を愛でる機会が少なくなっている気が。。。

 

(作り手側のぼやき)

 

f:id:yuuki_overseas:20200217114204j:plain

かわいい〜!

こういう素晴らしいものを受け継ぐ作り手さんの数が減っていってることも残念だし、時代の流れでどんどん簡素化・機能化されていくモノ達にも少し残念。それによってモノ本来の特性を知らない人が多いことにもちょっぴり残念さがある。。。

 

この展示HPにはこうあった。

 

”地域の生活に根ざした入れ墨、刺繍、陶芸、絵画など幅広い分野の職人たちと、時間をかけてその特性や個性に合わせたワークショップを実施。この過程を経て創られた書体をフォントとして製品化することで、デザインの可能性や職人である女性たちの新たな職域を広げる取り組みです。それは、近代化の波に消えゆくインドの手仕事を、未来につなげる活動にも通じています。

 

「インドの手仕事、文字になる」展 | ATELIER MUJI | 無印良品

 

時代がどんどん動いて変わっていくことに逆らうつもりは全くないし、むしろテクノロジーの進歩や''時代の流れ''に人はついて行くべきだと思う。多様化の時代だしね。

 

でもそんな時代でも、古き良きもの(伝統)は廃れていかないように、何か自分にもできることがあればいいな〜

こんなに素晴らしいものを知らないなんて、無くしてしまうなんて、人類としてもったいない!

なんてことを思った1日。

 

近々インドへ数ヶ月行く予定。観光がてら、いろんな産地を周りたいな〜。

そろそろ暑くなってくる時期だよな〜。。。

 

✴︎インスタでは過去に訪れた国の写真をUP中✴︎

https://www.instagram.com/yuuki_overseas

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村