インド人と国際結婚。

ナマステ! インド人と国際結婚をして6年目、主にインドのことを綴っています。 インド背景で物作りをするデザイナーです。 Instagram@yuuki_overseas

インドでの珍事件。渡印歴30回以上、私の経験談。

ナマステ〜!

 

トロントはすごくすごく寒い

って聞いてたから不安だったけど

今のところアウター1枚、中は半袖で十分だな〜!

 

でもさっき最寄り(徒歩3分)のコンビニまでサンダルで行ったら、足の指がキンキンに冷えたわ。 

f:id:yuuki_overseas:20191026081445j:plain

紅葉が綺麗!


今回はインドでの珍事件について

書いてみようと思う。

 

私は仕事柄インドに行く事が多いし

旦那がインド人だから

必然的に人間関係も

インド人インドをよく知ってる人

が多いんだけど、

 

おそらくこれって結構珍しい事だよね

 

 

客観視して見ると

おもろい珍事件

がたくさんあったのでここにシェアするね。

 

 

インド デリー空港

(正式にはIndira Gandhi International Airport)

に着いたらまず、自分の手配したタクシーが

どこにいるのか探すのに一苦労。

 

よく空港の出口で見かけると思うんだけど、

〇〇様って書かれたボードを持って

待ってるタクシードライバー(かエージェント)

 

空港で手配もできるけど高いからね。

(外人は漏れなくぼったくられるからね)

 

デリー空港の出口は

人の数が半端じゃない。

通路がどこにあるか分からんほど

タクシードライバーか

お出迎えの人でごった返している。

 

多分インドに初めて降り立つ人は

あの光景に圧倒されるだろう。。。

 

その中から自分の名前を見つけるのは

なかなか大変。

(私に至っては視力が超絶悪いのでさらに困難)

 

ある時、

初めて手配したタクシー会社の

ドライバーさんがその出口で

待っていてくれるはずだったんだけど

 

探せど探せど見つからない。

 

焦った。

 

まさか日付間違えた?

空港間違えた?

 

このまま落ち合えなかったら

ホテルまでどうやって行こう?

 

何度も名前の書かれたボード達を見返すが

どれも違う。私のじゃない。

 

諦めかけたその時、

列の隅っこに目をやった。

 

ん???

 

A4サイズの紙切れ

を持ってるおじさんがいる。

 

勘が働く。

 

まさか…

 

50cmの距離まで近づいてみた。

 

おじさんの持ってるヨレヨレの紙に

yuuki

と名前があった!

 

鉛筆でうっすーく書かれて。

 

いや、それ絶対見えんがな!!!

 

目印のために持ってるボード

(むしろボードですらない、ただの紙)

に鉛筆でうっすーく書かんでよ!

 

視力の良し悪し関係ないわ!

 

視力2.0以上ある民族ですら

多分これ見つけられんわ!

 

全然お迎えする気無いやん!

 

何かのメモでも

もう少しはっきり書くわ!

 

という事もあった。笑

 

インド到着してまだ1時間も経過してないのに

ツッコミどころありすぎ。

 

いいおじさんだったけどね:) 

f:id:yuuki_overseas:20191026082055j:plain

やっとの思いで到着したホテルが綺麗だと嬉しい。


 そんなこんなでホテルに到着!

まず私がいつも確認するのは

 

お湯でるか、今回?

 

って事。(至って真面目に)

 

いくら外暑いって言ったって、

シャワー真水はキツイよね。

髪がキシキシになるじゃん。

 

しかもインドって外が暑い分、

室内や車内が極寒

エアコン19℃の風量MAX

とかに設定してある。

 

私は真夏でも絶対に薄手のライトダウン持参してる。

寒すぎて凍える。。。

 

そんな中、水のシャワーなんて浴びたら…

 

なのでお湯チェックは必須なのだ。

 

ある時案の定お湯が出ない部屋に当たってしまった。

 

はあ…とため息つきながらもフロントに電話。

 

お湯が出ないから

ボイラー動かしてくれますか?と。

 

(節電か何だか知らないけど、

ボイラー動かしてないケースが多い)

 

少し待って再トライして見るけど

やっぱりお湯じゃない。

 

また電話。

 

まだお湯出ないよ〜

 

するとボーイが

部屋まで確認しに来てくれた。

(インド人は優しいのだ)

 

どれどれ…

あ!お湯出てるよ!

 

とボーイは言う。

 

お!やったー!

と私も確認して見る。

 

 

え、水じゃん!

 

これはhot waterじゃないよね?

ってボーイに聞くと

 

え!お湯だよ!

 

(°▽°)?(°▽°)?(°▽°)?(°▽°)?(°▽°)

 

オーマイガーーーーー

私たち

お湯の基準が ちげー!!!

 

衝撃でしたね。

 

さすが灼熱の国インドの人だ。

結局その日はでシャワー浴びた。

(水シャワーって汚れ落ちてる気がしないんだけど)

f:id:yuuki_overseas:20191026083808j:plain

お湯は出ないが比較的綺麗。

 

 

f:id:yuuki_overseas:20191026082337j:plain

暑すぎて鳥も水浴びするくらい。(プールでは辞めて!)

 

インドのオフィスに行くとまずこれからスタート。

 

チャイタイム chai time !

 

どのオフィスに行っても

お家に行っても

 

まず聞かれる

 

『チャイ飲む?』

 

人によって淹れ方が違うから

インドで飲むチャイは

格別に美味しい!

 

お茶っぱとミルクとスパイスを

お鍋でグツグツ煮込むスタイル。

 

事あるごとに

『チャイ飲む?』

って聞いてくれる。

 

椀子そばみたいに

無くなったらすぐ出てくる。

 

水シャワーで冷えた体も

ポカポカだ!

 

f:id:yuuki_overseas:20191026083821j:plain

仕事しながらチャイ(チャイしながら仕事とも言う)

 

そんな感じでまったりしていると

(仕事はぼちぼちでOK←)

何だかザワつくインド人スタッフたち。

 

何?何?トラブル?

 

聞くと

 

会社の金が盗まれた。

 

まじかよ、big problemじゃん!

てか現金保管してるんかい!

物騒だな!

 

翌日どうなったのか聞いて見ると、

犯人はスタッフだったらしい。

 

灯台下暗し。

 

まあこういうことは日本でもあるよね。

 

衝撃だったのは現金の隠し場所だ。

 

どっから盗られた現金見つかったの?と聞くと

 

犯人(若い男)の家の

スピーカーの中。

 

what???

Sorry, but I don't understand......

スピーカの中? 

 

証拠写真を見せてくれた。

 

ほんまや、

スピーカの中や。

 

ちょっと広いとろこで使う

大きめのスピーカーってあるじゃん?

重低音が響く系の

 

あのスピーカの正面を開けて

中にルピー札をどっさり詰め込んだらしい。

 

ワロタ

 

アニメみたいな展開。

 

でもよく見つけたね?

名探偵コナン君でも

見つけるの難しいレベルだよ?

 

まあ無事に会社の資産が戻って来てよかったね!

 

(細かいことは気にしない)

 

他のオフィスではこんなこともあった。

 

門番が射殺されたのだ。。。

 

強盗なのかその門番が狙われたのかはわからんが

深夜に銃で…

 

全然笑えない。

 

ってか怖いわ。

 

市内や街中は明るいし人もたくさんいるから

全然危険だと思ったことないけど、

田舎の方に行くと稀にこんなこともあるので

1人でフラつかない方が身のため。

 

田舎ではあんまり英語も通じないし、

外国人を見慣れている人が少ないので目立ってしまう。

 

観光地はスリや詐欺に気をつければ問題ない!

 

f:id:yuuki_overseas:20191026081539j:plain

インドに関する本のコレクション!

 

こんなこともあったな。

 

出張最終日、タクシーにスーツケース(大)

を積み込みいざ空港へ出発!

 

デリー市内の

帰宅ラッシュ渋滞は

半端じゃない。

 

とにかくインドでは極端なことが起こりやすいw 

 

ちょうどフライト時間が

帰宅ラッシュに当たりそうな時間帯だったので

早めに出発。

 

よし順調だね!

なんて車内からインドの景色

(主に人、車、牛、豚など)を眺めていると

 

ドライバーがこう言う。

『ガソリンスタンド寄っていい?』

  

メーター見る限り空港までは十分に足りそうだったし、

スタンド寄って渋滞に巻き込まれたら嫌だな〜

と思いつつも空港はもうすぐそこだし…

OK! と返事。

 

これが間違った判断だった。。。

 

案の定、スタンドから出るときには

超絶帰宅ラッシュ!

 

基本的に

車線を守って走っている車はいないので

前に空いているスペースがあれば

どんどん車が押し入ってくる。

 

その結果、

おそらく本来3車線であろう道路に

5.6台が横並びしている状態。

 

進むこともできなければ

戻ることもできない。

 

完全に道のど真ん中で

立ち往生してしまった。

 

でも大丈夫!

私たち早めに出たし、

フライトには間に合うだろう!

 

non non non!

 

思い通りにいかないのがインド。

甘くみてはいけない。

 

全く進まない渋滞

最終的にはまじでもう出ないと

やばいよやばいよ

飛行機に乗り遅れるよ

ってところまで来てしまった。

 

でもどうすんの、

大サイズのスーツケース人数分もあるし、

反対車線はビュンビュン車が走ってる

 

歩いてなんて渡れないよ〜!

車に引かれて死ぬのがおちだよ〜!

せめて日本で死なせてくれ〜!

 

その時一緒にいたのは

旦那と、その親友だったんだけど

 

2人のインド人は決断した。

 

ここを渡るしかない!

 

どやって顔してたけど

全然かっこついてないからな?!

 

まず旦那がスーツケースを抱えて

猛ダッシュ!

 

基本的に大柄でゆっくりした人間

急いだり走ったりしてる姿はあんまり見た事がなかったので

結婚数年目にして

 

あんた走れるんかい!

 

と内心ツッコミを入れてしまったが

今はそれどころじゃない。

 

ていうかスーツケースを優先したせいで

私1人

中央分離帯に置いてきぼり

ですけど!!!

 

誰がこんな

車がハイスピードで行き交う道を

横断できるだろうか?

 

てか奥さん置いてくなよ!

スパイス詰め込んだスーツケースの方が大事か?!

 

しかし

 

こい!ハヤク ワタレ!

と反対車線から叫ぶ旦那。

 

I CAN'T !!! 死ぬ!

と叫ぶ私。

 

大げさに両手を広げてまじかよ?

ってジェスチャーする旦那。

(外国人はなぜジェスチャーがこんなにも大げさなんだ!)

 

すると救世主現る。

旦那の親友だ。

(忘れてたけどタクシーで支払いしてくれてた)

 

『ボクにつかまって!

 3.2.1でいくyo!』

 

え、スカイダイビングでもすんのかよ!

と突っ込みたかったけど

 

気づいたら

絶叫しながら道路を横断してた

 

 

何とか無事に反対側へ!

 

そう、まだ反対側に着いただけだw

 

すぐそこに見えてる空港まで

スーツケース(大)を引きずりながら

猛ダッシュ!

 

インドの道路はガタガタなので

ローラーがぶっ壊れるかと思ったw

 

その途中で

奥さんを中央分離帯に置き去りにするなんて信じられない!

このやろー!親友を見習え!

などと暴言を吐いた気がするが日常茶飯事

 

(旦那の耳というものは、妻の言葉を右から左に聞き流すように出来ている単なる飾り物だ。)

f:id:yuuki_overseas:20191026083853j:plain

どうしてこんなに混むのよw

必死の思いで空港到着!

(あのドライバー忘れん)

 

その先に見えたのは

 

カウンターに並ぶ長蛇の列

 

もー!

インド、人口多すぎ!!!!

 

 

でもここは旦那が力を発揮。

ヒンディー語で偉いっぽそうな人

話をつけて別ルートから中に入れてもらえた。

 

(インドではこういうことが多いw)

 

すでに乗客が搭乗し始めてるころ

ようやく到着、間に合った…

 

インドで

ハプニングに合わなかったことが無い…

 

まあだからこそ面白いんだけどね。

 

そんなインドに魅了され続けている、私。

 

帰りの飛行機は爆睡ですよね。

 

zzz…

 

f:id:yuuki_overseas:20191026083941j:plain

疲れたから空の夜景に癒される…

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

HAPPY留学は、賢い情報収集から!
「留学くらべーる」で無料一括資料請求♪<留学くらべーる>