インド人と国際結婚。

ナマステ! インド人と国際結婚をして6年目、主にインドのことを綴っています。 インド背景で物作りをするデザイナーです。 Instagram@yuuki_overseas

トロント・ワーホリ生活【トロントでMacBookを買ってみた編】

ナマステ!

 

すっかり更新が滞っていた。。。

12月はとにかく締め切りが多くて、しかもこちらの人はみんなクリスマス休暇を取るので、それまでに詰め込まないと間に合わない案件だらけ。

 

そんな中、今回はカナダでMacBookを買ってみたお話。

 

私デザイナーの仕事をしているんだけど、

(プロダクト系のデザイン)

 

先日ついに画面がと化して。

 

前々からイラレやフォトショに+ブラウザ開いて作業してると動作鈍いな〜と思ってはいたけど、画面が闇と化したのは今回が初めて。

数分の出来事ではあったけれど、MacBookがスムーズに動いてくれないのはデザイナーにとっては致命傷…

 

トロントの極寒、雪の中、デザイン事務所までMacBook持ち運んだりしてるのもよくないんだろうけど、仕事上持ち運ぶしかないのでどうしようもない。

 

というか私が今使っているMacBook Proは母のお下がり。(母親もデザイナーなので😅)

母が新しいものを買うと、古いものが不要になるので譲ってくれていたんだけど(自分で買えw)、さすがに寿命らしい。

 

キーボードが旧型の厚みのあるやつで、結構愛着があったんだけどな。

 

でも、ついに新しいMacBook Proを手に入れた!

 

というのも、ちょうどブラックフライデー(北米の大型セール)をやっていて、Apple製品は本体自体の割引は無いけど、買ったものの価格によって200ドルくらいのギフトカードが貰えるというサービス!

 

しかもこれが11/24月曜日までだったのね。

私のMacBookが闇と化したのがちょうど月曜日の昼過ぎ頃。

 

カナダで新しいMacBook買うつもりなんて全くなかったけど、ちょっと価格調べてみたらそのギフトカードのことを知って。

 

でも結構高い買い物だからすぐに旦那に連絡。

12月は私の誕生日ということもあって、しぶしぶ了承してくれた。

(こんなの勝手に買ったら殺される!w

我が家のお金はほとんど旦那が管理しているので、私はどの銀行にいくらあるのか全然把握してない。日本と、金利の良いインドにも口座があるらしいんだけど。私は自分の稼いだ分と、自分の口座にある範囲しか知らない。もちろん旦那の年収も知っているけど、それらが合計されてどこにいくらあるのか知らない。うちのインド人「君に残高教えたらあっという間に全部使うから教えない。生活に必要な分だけ言って、渡すから。」というスタンス。確かにその通りだし、特に不自由もしていないのでそのままお任せしている。万が一足りなくなったら、また頑張って働けばいい。←

普通の夫婦はどうしてるんだろう?財布別にしてる人の方が多いのかな。)

 

どうせいつか買わなくてはいけない日が来るなら、ギフトカードがついてくる今でしょ!(死語?)

 

と速攻でTTC(トロントの公共交通機関)に飛び乗ったわけ。雪降る中。

 

大きさとかストアで現物見てから買おうと思って。

この時点で19:30くらいだったかな〜、セールは23:59までだ、急げ〜!

 

イートンセンターヨークデールモール(どちらも都心でいうところの「ららぽーと」的な、全てを網羅したでっかいモール)似たような距離だったので、営業時間が30分長いヨークデールモールへ。

 

ちなみにApple製品は基本的にどの国で買っても中身は同じ

カナダで買ったら全部英語になっちゃうんじゃない?なんて心配はご無用。設定で日本語に変えられる。iPhoneも最初に選択するよね。

 

違う点といえば、日本で買うとキーボードに平仮名が書いてある。けど、そもそも私は日本語打ちなんてしないので必要の無いツール。(基本的にローマ字打ちの人が多いよね?)

 

でも日本でも平仮名有りバージョン無しバージョンか選べるよ。

f:id:yuuki_overseas:20191204073511j:plain

平仮名バージョンのキーボード、外国人ウケ良いよ。

私が期待したのは値段!

 

もしかしたらカナダで買うほうが安いんじゃないか⁈と思ったんだけど…おもしろいくらい、ほとんど変わらなかった。

 

 

ネット情報だけど、アメリカのオレゴン州で買えば税金分は安くなるんだとか。

 

最新の16インチと使い慣れた13インチで迷っていたけど、実際に店頭でみたら13インチ即決だった。

 

16インチ大きくて作業には良いけど、頻繁に持ち運んだりして使う私にはデカすぎ、重すぎ、だった。

 

その後しばらくの間、デザインオフィスで余ってた16インチ借りて仕事してたけど(macが余ってるなんて、デザインオフィスあるあるだよね)、車通勤じゃない限りはこんなでかいの持ち運ぶの面倒だなって思ったくらい。

 

値段も格段に高いしね!

 

最終的に13インチのシルバーで、メモリストレージのスペックを追加でちょっと上げて、トータルはこんな感じ。

f:id:yuuki_overseas:20191204093451j:image

 

なんか-280ドル分安く感じるけど、これトリックだよね。

 

実際にはこう。

f:id:yuuki_overseas:20191204094701j:image

 

本体価格は通常となんら変わらず、後日280ドル分がギフトカードとして戻ってくるというカラクリ。

 

でもなぜか口座からは本体価格プラス280ドル多く引かれていて、電話で確認すると

それは「ホールド状態」だから、数日後に280ドル戻って来るよ

って言われた。なんか海外のカードってホールド多くない???ややこしいから嫌いなんだけどこのシステム!

 

驚いたのが、appleカスタマーセンターに電話すると最初に対応してくれるのが音声ロボット

「今日はどんな御用?」って聞かれるので「支払い」って答えると「なんの製品?」とか聞き返してくるので「mac book pro」と。音声ロボットなんだけど、ちゃんとバックでキーボードタイプしてる音まで入ってて、最初本当の人間かと思ったw しかももちろん英語でのやりとりなので、こちらの発音が悪いと「え?なに?」とか言ってくるの。本物の人間(コールセンターの人)に繋げるまで苦労したっていうプチ余談。

 

まあそれは置いといたとして、

カスタム品は店頭でお持ち帰りできないので、中国から出荷されるのを待つこと約1週間!

毎日今どこにいるのか追跡で確認してたけど、中国香港→台湾アメリカ→で本日ついにカナダ、トロントへ。日本だったら位置的にもっと早く受け取れてたかもね。

 

いろんな国境を超えて旅してきた私の新しい相棒! 

旅好きの私にはぴったりだね。(まだ届いてないんですけどね)

 

 

f:id:yuuki_overseas:20191212233228j:image

そうそう、肝心のギフトカードはメールですぐに届いたよ。(味気ない。カードで欲しかったな!)

280ドルのギフトカードで、旦那に旧型のAir podsかApple Watchを購入してあげようと思っている優しい私。←

(新型は予算オーバー)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村